人気ブログランキング |

雪譜らgo!  by 雪国親父

kurotokin.exblog.jp
ブログトップ

タグ:雪道具 ( 1 ) タグの人気記事


2014年 02月 20日

スコップ6種盛り

ご無沙汰しております。


多忙につき更新が滞っております



今日久しぶりに時間がとれ、出かけられると喜んでいたものの、もろもろの都合でおじゃんになりまりました。ということでブログを更新しております(爆)と書きながら“おじゃん“って今言のかいな?などと、また話が横へ(爆)


さて、関東方面は雪がものすごかったとのことで、心よりお見舞い申し上げます。山梨で100センチ!って、ここいらでもそうそうあるもんじゃありませんよ。年に1回か2回くらい?そもそも今年は小雪なのでそんなに降った日はありません。



さて、テレビで雪かきをしている映像や腰をいためない雪かきの仕方のレクチャーやらをみていて、我が家のスコップ君を紹介したくなりました(爆)けっこうありますよ(笑)しかし、防災研究所の山さんがテレビ出てて“アルミの軽いスコップがあります”とかなんとかいってたけど、なんでも知ってるのねぇ・・、へぇ3っつ。



e0181939_15284662.jpg


左からアルミスコップ、角スコ(鉄:四角張ってるから角スコ)、剣スコ(鉄:剣のようにとがっているから剣スコ)、パンチングスコップ(鉄:にコーティングの上軽くするためにパンチング)、こすき=昔のやつ。今は使ってません。扱うには熟練の技が必要(笑)、そしてスノーダンプ=一度に大量の雪を扱う時はこれ。雪おろしにも。

昔はこすき、そして鉄のスコップ。ただし重くてしかも雪離れが悪い。雪がくっつきやすい。アルミは軽くて雪もくっつきにくい。ただしメーカーにもよってですね、安かろう悪かろうみたいのだと雪がくっついてやりにくくてしょうがないのもあります。ちなみにうちのんは“金像印”っていうやつ、メーカー名でなくブランド名みたいですけど。雪がくっつかなくて快感すら覚えます。

基本的には先が平たいものを使いますが、凍ってしまってかっちかちになってしまった雪をいじらんきゃならんときは先のとがった剣スコで。気をつけないと雪にスコップを入れた時の衝撃が腰を襲います。

e0181939_1529114.jpg


今使うのはだいたいこの2本にたまに剣、ですな。



e0181939_152918100.jpg


ま、アルミはやわいので変形します。硬い雪をつついたバヤイ。



e0181939_15292246.jpg




おまけ

e0181939_15293875.jpg


車の必需品スノーブラシ(でいいのか?爆)。黒いのはフロントガラスの氷をこそげとるのに必須です。


e0181939_15293825.jpg


そして黄色いハンドラッセル。これは地面に積もった雪をラッセルする道具ですが親父は車用に。屋根に40センチも50センチも積った雪を下ろすのにスノーブラシではラチがあきません。これがあれば一発。あっという間。ちょっとの傷を気にする人は使えませんが。まぁ、そういう人は雪国では車にのれませんな(笑)スコップもちょこっと写ってますが、つかいませんね。黄色いのがあるので。


e0181939_15295359.jpg



そしてこれ。

e0181939_15295198.jpg



でも箱を開けたことすらありません。雪国暮らしを初めて18年、だいぶ慣れましたもので。

by kurotokin | 2014-02-20 16:02 | 田舎の今 | Comments(0)