人気ブログランキング |

雪譜らgo!  by 雪国親父

kurotokin.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:グルメ( 54 )


2019年 05月 27日

おひとり様食べある記 ラーメンつり吉 味噌もグー

国道沿いのラーメンつり吉さんが親父にマッチする・・・


サッカーの応援にいったGW、帰りの道すがら立ち寄った際は初の味噌(醤油はこちら


しょっぱ好きのおやじは”濃いめ”でお願いをしました


うーん、味噌も旨笑


でも、濃いめでなく普通でもよかったかも


では






e0181939_16595458.jpg

X-E1 Xf18mm



by kurotokin | 2019-05-27 17:07 | グルメ | Comments(0)
2019年 01月 21日

おひとり様呑みある記 X-E1 XF35mm1.4で行く 大塚 富久晴(ふくはる)



どうしても、行かねばならい店がある笑



暮れに東京へ出た折


池袋から帰りの高速バスに乗る前に


大塚 やきとん 富久晴さんへ


おおよそ25年ぶりの訪問でした


この町でサラリーマンをしていたころ、たびたびお邪魔し


やきとんと焼き鳥は違うということを知った店


そしてこぶ刺し(子宮の刺身)や、レば刺し、はつ刺しのうまさを教えてくれた店


レバ刺しうまかったなぁ・・・・いまはだめだけど


煙の立ち込めるカウンターだけの店に


めにゅーはほぼ焼きトンのみ



ぎっしり埋まったカウンターのなかで



腕と目は焼き台からはなさず




飛んでくるオーダーを耳で受けとめながら



あるオーダーを何本かさばき、他客のオーダーをさばき、さきの客の残りのオーダーをさばく・・・


後ろに目がついてんのか?


ぐらいに正確無比に焼きとんが届けられる・・・


ものすごいおやじさんの、ものすごい店だった・・・



今イメージするのは


アタタタター


と超高速で拳を繰り出すケンシロウか?爆


いや、もっと全然寡黙なお仕事ぶりでしたけど笑


で、まちがいなくしょっぺみせ笑


もう、殿堂入りクラス


親父さんもおかみさんも今は引退されたそうで


おかみさんの甥っ子さんご兄弟が切り盛りされてていた


うれしいのは


佇まいもスタイルも


そのまま引き継がれていたことですな


看板の大提灯も、お品書きも


かわってないねぇ感涙


この日、4時半くらいからのみはじめ、しばらくして常連さんが何組か来るまでは、初来店という外人さんと二人のみ


この外人さんも一人のみの手練れなようで


ホッピー頼んで、頷きながら焼きトン食べてたもんなぁ


そのあとお酒、燗で・・かっちょいいわ


しかもサクッと出て行くの・・・



かっちょいいわ  笑


誰かと違う 爆



さて


冨久晴さん


いつまでもあり続けていただきたいものです


では





e0181939_13223737.jpg
江戸三大酒場といわれるお店と同じブロックにあります




e0181939_13223742.jpg






e0181939_13223713.jpg







まずはこぶさし(子宮の刺身) 茹でてありますよ  昔はどうだったかなぁ 昔も茹でてあったんだろうなきっと 記憶のなかのこぶ刺しと姿かたちがかわらないですから
e0181939_13223799.jpg





e0181939_13224485.jpg




e0181939_13224585.jpg







e0181939_13224537.jpg





e0181939_13224595.jpg



e0181939_13224406.jpg




このお品書きも記憶のまんま
e0181939_13225348.jpg



e0181939_13225341.jpg





e0181939_13225235.jpg





界隈
e0181939_13230187.jpg







ここからXQ1
e0181939_13234638.jpg
その短パン姿がたまらない ゆるい笑(ほめている)
構える必要も何もない から


外人さん『初めてきました』
親父『僕25年ぶりなんですよ』
てな会話をしもうすこしこまめに来ててあげてくださいというようなことを言われる

そうねぇ、来たいんだけどねぇ 笑




少々さかのぼり・・・

この日まずはビールでした 小瓶があるのがおひとり様にはありがたいです

e0181939_13234627.jpg



名物おしんこ 必ず頼んでいた品
e0181939_13234660.jpg

うまし
e0181939_13235150.jpg



うまし

e0181939_13235124.jpg



こぶくろを焼いてもらう 当然うまし 笑

e0181939_13235223.jpg


初来店の外人さんと25年ぶりのおやじに、もつ煮をサービスしてくれました ごちそうさまでした

e0181939_13235144.jpg

X-E1 XF35㎜F1.4

XQ1










by kurotokin | 2019-01-21 14:28 | グルメ | Comments(0)
2018年 12月 02日

麺処 清水 じ様の一人飯

e0181939_10304268.jpg





清流を水草が泳ぐ・・・


塩煮干しのスープの中を、麺が泳ぐ


麺処清水・・・


潔く一切をそぎ落とした


清廉なラーメン


たべながら


何なのだ


と思う笑


少なくとも


今まで食してきたラーメンとはベクトルが極端に違いますな笑


味濃く、しょっぱくて、こてこてで、ラーメン食ってるぜぇ、というのとは笑


水そばのらーめん版か?


そんな思いがあたまに浮かぶ笑


なんか、こころとからだが洗われるようなかんじ?


背筋を伸ばして食べなきゃダメなんじゃないか?



禅僧のためのらーめん?笑



食べながらいろいろ頭に浮かぶ笑



麺は博多とんこつラーメンをもっと太くして弾力を持たせた、といえばイメージしやすいでしょうか



こういうビジュアルでも、くっついていない麺



さっぱりでありながら、絶妙なバランスで肉肉しさをまとうチャーシューなど



考えぬかれてますなぁと思う



こころ清くおいしくいただきました。


ごちそうさまでした


さて、親父


近くのかっぱ寿司で2次会爆


だって、足りなかったんだすけ笑


では

e0181939_10304206.jpg




e0181939_10304233.jpg
麺処清水 南魚沼

x-E1 XF35mm F1.4




by kurotokin | 2018-12-02 10:42 | グルメ | Comments(0)
2018年 10月 04日

おひとり様呑みある未遂記 南魚沼 猿倉山ビールバー with さとやベーカリー


ビールバーのくせに 呑めねえっぺがな 怒




そう叫ぶ男衆(おとこしょ)の声が 




田植え後のカエルの大合唱のように




そこら中から聞こえてくる




気がする 笑




余談だが


田舎の人間は息を吸うように毒を吐く 


あ、


怖がらなくてもいいんですよ


そんなの日常だし


対処法としては・・・


流しときゃいいんです 流しときゃ


ほっときゃいいんです


あとくされは ありません


あるいは


『おめえみたいに四六時中呑んでるのがこねえようにするためだっぺがな』


といってやる


さすれば


『そうか、そうかもしんねな』


『そうかも、じゃなくて、そうにきまってるこっつぉ』


がっはっはっ (一同大笑い)


で収まります・・・


(推定73歳以上の方々の会話辞典より)



なんのはなしだったっけ?





猿倉山ビールバー



清酒八海山を造る八海醸造が運営する『魚沼の里』にオープンした、ビール造像所にあるバーであります



ビール醸造所にある・・・



いい響きである・・・


出来立てをいただける、という








なぜ、飲めないか




車でしかいけない
昼しかやってない


簡単にいうとそういうことです。

(何とかすればバスで行けないこともないのですが車の三倍の時間がかかる。しかも本数が極めてすくないので時間が限定される)
※期日限定で送迎バスの出ている日ももあるにはありますが



まぁ社長さんによれば


外に売ってゆくのが本業。ただし、お客さんに商品の質を確かめてもらうのも重要。どうせならゆったりと充実した時間をすごしながら飲んでもらいたい。


バーにお客さんをたくさん入れてそれで儲けよう、とは考えていないということですね


空間もゆったり、時間のながれもゆったり・・・


ものすごい居心地の良さ・・・


なるほど



しかし、このランドスケープ、建物、空間・・・


南魚沼にはみられないような垢抜け方である


この辺りでは自遊人 里山十帖と八海醸造 魚沼の里 特にこの醸造所は双璧と思う


あちらは個の主張を強く感じるし こちらは万人に訴求するそつのなが感じられる・・


猿倉山ビール醸造所の設計は鹿島建設


なるほどねぇ





ここにこんなのがあってありがたい




しっかり稼いででこういうふうに投資してくれる




重要なのはビジョンとセンスだな




じじいにはどちらもありませんけども




では、いつかくるであろう飲んだくれの日にそなえて、本日はエア呑みなり 爆








田んぼの中の一本道・・
e0181939_22215810.jpg

左の山ふもとに進めば・・



e0181939_22215976.jpg


醸造所がまっている・・
e0181939_22215961.jpg



e0181939_22215992.jpg



e0181939_22215041.jpg





スロープにみる心意気
e0181939_22215042.jpg




e0181939_22215088.jpg



e0181939_22215080.jpg





e0181939_22215120.jpg





本日はパンと珈琲也
e0181939_22214292.jpg

正面の
e0181939_22214219.jpg



さとやベーカリーさんの

e0181939_22214314.jpg

e0181939_22214300.jpg





e0181939_22194852.jpg





e0181939_22211402.jpg





e0181939_22194870.jpg





e0181939_22194843.jpg





さぁ
e0181939_22194812.jpg





e0181939_22214246.jpg







e0181939_22193563.jpg






ビールぜよ
e0181939_22193545.jpg






e0181939_22193597.jpg





まずは三種呑み比べだな
e0181939_22180704.jpg






e0181939_22180795.jpg






つまみはシャルキュトリーと
e0181939_22180784.jpg






ポテサラと八色(やいろ)しいたけバター醤油 うまくないわけがない笑
e0181939_22180788.jpg






ゆったりと・・
e0181939_22193575.jpg







e0181939_22193526.jpg







e0181939_22180851.jpg






e0181939_22175642.jpg




遠くに六日町盆地を見下ろしながら・・・
e0181939_22175729.jpg





e0181939_22175764.jpg






e0181939_22175793.jpg




色褪せた板を踏んで進めば



60歩先の山頂で



ビールがじじいを待っている・・・

e0181939_22175740.jpg








雑感:週末とかあるいはイベントだけでもいいから、ディナーかなんかをしてくんねかな。名のあるシェフを招いたりして、そこを目指してあちこちからひとがやってくるような・・・。あと昼はコワーキングなんかで使えたらいいのにと思ったりします。


では


x-T1,10-24mm F4,35mm F1.4




by kurotokin | 2018-10-04 08:45 | グルメ | Comments(0)
2018年 09月 16日

おひとり様呑みある記 ぶらり旅呑み 小出 磯島屋


やっと殺人的な暑さもおさまり・・

寒い 笑

極端だっぺがな




夏は


窓を開けていても熱風がさしこみ


眠るどころでなく



死ぬかとおもいました




新潟県内でも初の40度超えを記録するという、もうモーレツな暑さ



暑すぎて外に出る気がせず


おかげで


懐があったまりましたとさ・・・


いや、寒くならずにすみました、とさ


さて


先日


ムショーに旅呑みしたくなり


列車にゆられ、小出(こいで:魚沼市)へ


わが六日町から4駅のぶらり旅



めざすは、雑誌でみつけた、一串100円のモツ焼きで呑める、という磯島屋さんだ


途中の田園風景にもこころあらわれます


田んぼなんか見慣れてるはずなのに、車窓からだとと印象が違いますな



稲もだいぶおおきくなってまいりました・・・



さて、駅徒歩1分の磯島屋さん


席の埋まり方が、ものすごい笑


17時の開店過ぎに入ったはずなのに、先客が笑


カウンターに陣取るお三方と時計を2度見


六時前にはカウンター8席と小上がり一卓が埋まり満席に


ここは地元民の聖地であろう


お母さん一人で切り盛りされていて、ゆえにメニューも多くはない


地元の人が、ちょっと一杯、と通う店なのだな


電車の時間待ちにもピッタリなお店だと思う


串焼きも100円のお値段なら十二分


お隣の常連さんから、これ食べて、と冷ややっこやら厚揚げ焼きをおすそ分けしてもらいながら、餃子(400円)もおいしいんだよ、とか、もつ煮(冬限定)も看板メニューだよ、などと教えていただく


親父も六日町の焼き鳥ひじりさん、直江津まるちゃんさんをご紹介したりして、楽しく飲ませていただきました。ありがとうございました。ごちそうになりました


一人で呑むのもいいけれど、たまたま居合わせた方とお話ししながら、というのも楽しいものです



うーん、近くにないのが、惜しい・・・・





e0181939_11510761.jpg
                六日町駅  




              正面にそびえる坂戸山の
e0181939_11510799.jpg
                 案内図
               




e0181939_11510709.jpg




e0181939_11510702.jpg





e0181939_11510811.jpg
                 五日町駅






e0181939_11512466.jpg





e0181939_11512422.jpg
               この辺もワンマンカーになりました・・






e0181939_11512454.jpg








e0181939_11512579.jpg
                八色(やいろ)駅






e0181939_11512549.jpg
                魚野川に沿ってまもなく小出駅に





e0181939_11513821.jpg
                ここは只見線の始発駅





e0181939_11513820.jpg



e0181939_11513858.jpg
                時刻表をみればわかる、田舎では免許のない学生さんが主な利用者



e0181939_11513927.jpg




e0181939_11513992.jpg




e0181939_11514966.jpg



e0181939_11515082.jpg
                豪雨災害で寸断されいたが、全線復旧開通が決定されたそうである




e0181939_11515061.jpg



e0181939_11515072.jpg

                さて、磯島屋さん  駅からみえる・・・
e0181939_11515032.jpg



                あこ(あそこ)
e0181939_11520177.jpg



                ビールは瓶! 生はありません
e0181939_11520140.jpg






e0181939_11520217.jpg






e0181939_11520127.jpg
                






e0181939_11520152.jpg
                 










e0181939_11521266.jpg
                 シロとつくねをタレで





e0181939_11521228.jpg
                 タンとハツとレバーを塩で





e0181939_11521247.jpg

ごちそうさまでした





e0181939_14214515.jpg
                


XQ1




by kurotokin | 2018-09-16 14:23 | グルメ | Comments(0)
2018年 07月 31日

スイーツじじいのよれよれ諸国漫遊記 京都 抹茶館

ついに広告がつくようになったでごわすか


4か月ぶりでございます・・・


さて、



2か月ほど前、


お約束の、京都へ逃避行


抹茶テラミスだあああああ


もう暑さでよれよれ笑


笑うしかない


冷房ないんだすけに・・


こんなに暑くなることは想定されていない我が家


さて


抹茶テラミス


すいてる時をめがけて


夕食前に並びました。17時半くらい?


まぁ四、五十分位並んだか?


途中列からいなくなる方もちらりほらり


食うこっつぉ、ここまで来たんだから笑


宇治抹茶テラミス


おいしかったす


しかし


席が


まぁ、休憩所だな


文字通りイートインスペース


タベログにある『オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり』はほぼ嘘だな笑


カウンターはあるけど、あそこで食べるのはきついべや


そりゃ行列になるわね


業績好調のはずですから


日本庭園を眺めながらとか、そういうお店になってくれるこを切に望みます



では

e0181939_16234853.jpg



e0181939_16234964.jpg


e0181939_16234884.jpg






e0181939_16234812.jpg




e0181939_16234804.jpg


XQ1





by kurotokin | 2018-07-31 16:43 | グルメ | Comments(0)
2017年 11月 09日

おじさんのお一人様食べある記 長岡 ラーメンたいち

e0181939_11314390.jpg
ご無沙汰しております

11月になってしまいました


雪への備えで、ある意味師走より忙しい雪国であります

ん?気忙しいだけかい?

さて、昨日は病院での検査がありましたのでそのまま長岡のラーメンたいちさんへ

長岡生姜醤油ラーメンの人気店であります
平日の2時近くだったし、ま、一人ですので、すんなり入れたのですが、あとからくる方は少し待ったりとお昼時や休日はかなりの混雑です(一度あきらめたことありんす、すんごい行列で)

おやじ、ラーメンといえば味噌、なのですが、新潟に来てからは醤油がおおいなぁ。。


さて、たいちさん


おいしくいただきました




つり吉の方が好き笑


これは、別の日にまま友とたいちさんへ行ったというおらかかも同意見


たいちさん

けもの臭がするんだよなぁ

当然これは個人の好き嫌いですからね

これを

おぉたまらん

と感じるか

臭みがあるなぁ

と、感じるかでしょうかね


チャーシューも堅い いや、堅くはないけど

歯に挟まる

そして

碧の葉っぱも、歯に挟まる笑

なんの葉っぱでしょうかね


細かいですね、ホウレンソウくらいならいいのにな

めんももう少し細い方が好き




つり吉は

クリアです、色は真っ黒ですが笑

見た目よりスッキリ


そして濃い目の味のチャーシューはトロトロ


そのコントラストが素晴らしい

味が濃いのでチャーシュー麺はきついかもしれませんけど


普通のラーメンにあのチャーシューが黄金比


のような気がします


問題は

日によって味のばらつきがあることかな笑


箸が止まらぬようなときもあれば


ありゃ、可もなく不可もなく


というときもある。なんでだかわからしませんけど


濃い薄いを受け付けてくれますので親父的には常に”濃い”でお願いすればばらつきもないのかなと思ったりします


チャーシューはいつも美味しいです

そんなところで


XQ1






by kurotokin | 2017-11-09 12:29 | グルメ | Comments(0)
2017年 07月 27日

おじさんのおひとりさま呑みみある記 B級グルメ列伝 本厚木 酔笑苑

こたびは

ひとりじゃ

ござんせん・・・



いとこに連れて行ってもらった


本厚木 酔笑苑


いいネーミングである


酔って


笑って


パーラダイス 笑


ネーミングだけで 座布団一枚 



店の雰囲気は


六日町でいうところの


みまつ


だな


エアコンのない店内を扇風機がかき回す


ザッツ昭和


注:みまつはエアコンありますよ


結構 外国の人がいるんですよねぇ


名だたる企業の研究所やら工場みたいのがいっぱいあるようで・・・


さて、酔笑苑さん


名物・あみれば


すなわち


レバーに網あぶらをまいて焼くという・・・


読むからに


体に毒 笑



はい、テストにでますよぉ


体に悪いものほど

旨い

これぞB級グルメ


トロトロですぜ


また


〆のラーメンの旨い事・・・・涙


いとこは


かつて


仕事帰りに毎日通ったという・・・


そりゃ


店員皆に声かけられるわな 笑


さぁ


人呼んで


B級グルメの至宝


本厚木酔笑苑


是非 ゆくべし


体のコンディションを整えて。


コンディションが悪ければ、ちょっときつい 笑


そう、それは


健康のバロメーター 笑


では


あ、名物 シロコロ も忘れずに



e0181939_19032366.jpg











e0181939_19032467.jpg







e0181939_19061941.jpg







e0181939_19032409.jpg







e0181939_19032498.jpg








e0181939_19032514.jpg







e0181939_19032352.jpg







e0181939_19032540.jpg








e0181939_19032373.jpg







e0181939_19033708.jpg
生でもいけるレバーちゃん 今のご時世焼かねばなりません







e0181939_19102764.jpg
アミレバ







e0181939_19033878.jpg








e0181939_19033846.jpg



e0181939_19033744.jpg


XQ1













by kurotokin | 2017-07-27 19:16 | グルメ | Comments(0)
2017年 04月 16日

おじさんのおひとりさま飲みある記 長岡 まさや2




2年ぶりに長岡はまさやさんへ



2年もあいたか・・・



いやいやいや


いけないもんですな・・


まぁ、遠いですから


電車で往復2時間、2000円


そのためだけにいくのかい?



いきませんな



ちゅうことです。


小正月も過ぎ、観たい映画もありましたので、やっとの休みにでかけました


さて、


ぼくは明日昨日の君とデートする


これに


じじい(私)はまる 爆


いや


いい映画ですよ、ただの恋愛映画と思っちゃなりませんぜ


想像力、共感力が試される映画 



観るたびに、そのたび違う、様々なシーンでいろんな思いにかられます



これで、2度目


一度目は3号と。もうタオルを顔にあてておいおい泣く 笑


しかし


タオルを顔にあてているバヤイではない、表情も、喉のの動きさえも、一瞬たりとも見逃してはなりません


おすすめの観方は


映画 映画 原作 映画 ですかな 




どんだけだ 爆





さて、


目をあけたまんま、涙をしこたま垂れ流した後 


17:30に予約をいれていたまさやさんへ



お店に入ると、先客はお一人


これがまた楽しそうにのんでおられて・・・


料理を口に運ぶたび、うんうんと頷きながら・・・


なんとも、まぁ、素敵な呑みかたでしたなぁ


こちらまでよい気分に・・・


さーて、おいらも


とおもってあれこれ思案していると


どどど(イメージ)っとお客さんが2,3組はいってきて、一瞬でカウンターがほぼ満杯に


で、この方々が全員手練れ 笑


皆さん60代くらいでしょうかね


男性も女性も、どのチームも


酒と、料理を2,3品、注文しながら席に座る、という


手練れ中の手練れ 笑


おやじ、口をはさむ隙間がありません 


しかもまさやさん 


おひとり


おいおい一人かよ 笑


まぁ、何とかオーダーをねじ込み


そのうち お店の方も一人増え・・・


堪能させていただきました


お通しの あんきもと白子・・  うんめなぁ・・ 今日の一番かも・・


真鱈のこぶ締めにしめ鯖、タコカツに、穴子の白焼き・・・ 



麦酒の後いただいたお酒は、上越の純米吟醸 かたふね


こりゃ、なんとも、色っぽいというか、艶っぽいお酒で・・


こんなおねいちゃんとお付き合いしたい というようなお酒 爆


長くなりました


これにて


今度はいつだかな・・・

e0181939_14481583.jpg


鉄路はつづく・・

e0181939_01353550.jpg


川を越え・・・

e0181939_14481537.jpg
上越戦 越後川口駅 (飯山線始発駅)



長岡へ


e0181939_14481629.jpg



e0181939_14481656.jpg



e0181939_14481633.jpg


e0181939_14481617.jpg
                アツアツ・・・揚げ物もさすがのお仕事・・



e0181939_14481707.jpg




e0181939_14481888.jpg





e0181939_14481894.jpg



e0181939_14494926.jpg



e0181939_14494315.jpg


いつも思うのですが、これほどまでに端正なお品書きは見たことがありません。デザイン・レイアウト、字形、情報の質と量、見事なまでの完成形。お品書き界の横綱 笑

惜しむらくはお忙しすぎてご主人とお話しできないことですかな。話しかけるのがはばかられる 笑 。お一人様としては少々寂しい感があるのも否めない。お若いし、実直そうなお人柄という印象は前回と変わらず。来てくれる人を大事にしたい、ということでしょう。くそじじいい(私)のざっくばらんな思いは、めいっぱいお客さん入れないで、お話したいから。というところですかな。まぁ、閉店近くになってくれば落ち着くとのことでしたが。


ただ食べる呑むだけではなく『そこに居る』こと自体も楽しめるようなお店になると最強だな、そんなことを思ったまさやさんでの夜でありました。

XQ1



by kurotokin | 2017-04-16 13:00 | グルメ | Comments(0)
2017年 04月 12日

おじさんのおひとりさま飲みある記 六日町 焼き鳥ひじり

ここは


開店してから2年がたとうかという、親父行きつけのお店


最近はそのうまさに、さらに磨きがかかった感があります


思うに、全力で焼きに注力できる環境が整った、というところなんでしょうな、きっと


クラフトビール、焼酎、日本酒、ワイン・・。お酒たちも、何度か訪れても飽きさせないだけの十分な品数がバランスよくそろう。


だいたいワインをいただきますが、ありがたいのがオンメニューのほとんどがグラスでいただけること。なかなかありませんて。これだけ気前のいい店は。



グラスのスパークリングにレバーパテを、アルゼンチンのマルベックに『はつもと』を。これ、絶品の組み合わせ笑。うかがったら絶対に外せない笑 あと手羽もうまいねぇ・・・。


こちら、一人だけではなく家族でも出かけます。3月、次男の高校合格時にも行きました。
電話をしたら、席が空くのは夜九時以降と言われたものの、遅くてもいいから『ひじりにいきたい』と次男がいいまして。子供にとってもここの旨さは絶対なのでありました


さて、こちらはバードランドさんの流れをくむお店。ご主人は新橋で修行されたとのこと。酔っ払いの聖地でもまれていただけあって、客あしらいにもさすがの安定感がある。きっぷがいいのもいいですな。爽やかな威勢の良さ笑。結構馬がが合う、と親父は思っています。あちらはどうかは知らんけど笑




さてさて、今日あたり、また行っちゃいますかなぁ・・・



では
e0181939_14065513.jpg


e0181939_14065713.jpg
      量もたっぷりの、この泡が

      ふくよかさをはらんだその味と、やさしい泡で・・・


e0181939_14071449.jpg
      レバーパテによくあいます



e0181939_14065882.jpg





e0181939_14071490.jpg






e0181939_14071435.jpg






e0181939_14065674.jpg
  
      食いかけの(失礼)手羽・・・・





e0181939_14065690.jpg
つくねもふわふわだこて・・・




e0181939_14065735.jpg







e0181939_14071344.jpg
       はつもと
e0181939_14065625.jpg
      はつもといくなら




e0181939_14065601.jpg
マルベックはかかせない





e0181939_14071581.jpg
『はつもと』とはレバーとハツ(心臓)のあいだ、10羽で一串ですってよ




     はつもとには





     マルベック(爆)
e0181939_14071587.jpg





e0181939_14065703.jpg






e0181939_14065819.jpg
      ユーミン風に・・・



ごちそうさまでした

XQ1





by kurotokin | 2017-04-12 15:40 | グルメ | Comments(0)