人気ブログランキング |

雪譜らgo!  by 雪国親父

kurotokin.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 20日

おじさんのお一人様飲みある記 三条のいぶし銀 京都・なな治(ななはる)

居心地のよいお店である・・・


なにより、全体を包み込むその落ち着いた空気感がまたたまらない・・・


一度、断られまして、いっぱいで、と・・


そうだよねぇ、当日の夕方だったもののねぇ、素直に前もって予約しておけばよかった(笑)


でも、いきあたりばったりが好きなんですよねぇ・・


そういう意味でいうと京都は難易度が高い、行きたいお店に入れなかったなんてことも一度や二度ではありません。が、まぁそれも仕方がありませんな。


じゃ、明日にすんべかと、再度電話を入れたところ、またまた玉砕。でも、覚えていてくれたのかもしれません。今日だったら9時以降なら大丈夫ですけど、と言われ、なじょもなじょも、とお願いをする。


その日の宿は南禅寺界隈に。しばし歩いて蹴上駅から地下鉄で三条京阪へ。

『南山君っ』でおなじみの(爆)三条大橋を渡り(『ぼくは明日、昨日の君とデートする』の予告をご覧ください)、高瀬川をこえてゆくとその店が現れる・・


渋い・・


たたずまい、ピエール瀧似の親父さん、、、その仕事、、いぶし銀だ。


先客はお二人、それぞれがお一人で、どうやら常連さんのようだ・・

注文をいれると、どちらからですか、と親父さんに声をかけられる。それを合図に常連さんも会話に加わって・・・。お一人は東京から、もうお一人は富山から、それぞれの話に入ってきたりまた離れたり・・。心地よい一体感・・。親父さんが職人肌で料理に没頭、おかみさんが客あしらい、という先入観も少しはあったが、客とのやり取りも親父さんで、笑顔の素敵なおかみさんはほとんど会話に入ってこなかった(笑)

料理は、もう、申し分ない。メニューの数はそれほど多くない。が、酒を飲むには十分だ。これぞ居酒屋。ここはお一人様の聖地、と思う。仲間内でわいわいやるなら、いろんなものをたくさん食べたーいという女性陣をつれていくなら別の店だと思う。


さて、途中何人か暖簾をくぐってきたものの、結局は閉店まで我々三人の客のみ・・・。そういう客あしらいをさらっとやってのけるところも、またいぶし銀である・・・。

では

e0181939_11121275.jpg





e0181939_11121356.jpg




e0181939_11121337.jpg




e0181939_11121330.jpg



e0181939_11121414.jpg




e0181939_11192369.jpg






e0181939_11192448.jpg







お通し
e0181939_11192319.jpg





e0181939_11192432.jpg


煮穴子 煮凝りも  

これが、ねぇ・・・うんめなぁ・・
ふくよかでねぇ、甘くて・・
麦酒だったけど、これには酒だな(笑)ワインも合うと思いますぜ。
e0181939_11192486.jpg








e0181939_11192189.jpg


つぶ貝のお造り
e0181939_11192141.jpg






鱧も入れてもらいました
e0181939_11192272.jpg





生麩のうま煮 胡桃みそ こりゃまた旨し
e0181939_11192288.jpg






新生姜のかき揚げ
e0181939_11202971.jpg






e0181939_11192349.jpg





e0181939_11121272.jpg






そして串揚げへ
e0181939_11121112.jpg






e0181939_11121130.jpg



シャインマスカット!!
e0181939_11121217.jpg



                  とどめのかき酢
e0181939_11121260.jpg

ごちそうさまでした

XQ1




by kurotokin | 2017-01-20 13:17 | グルメ | Comments(0)


<< 雪の事故      おじさんのお一人様飲みある記 ... >>