人気ブログランキング |

雪譜らgo!  by 雪国親父

kurotokin.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 29日

越乃shukuraレポート

今回は越乃シュクラの詳細レポートを


さて、このイベント列車は3系統あるのですが



我が六日町を通る 湯沢シュクラ は運行日の設定が少なく、日程が合わないため十日町発上越妙高行きの 越乃シュクラ に乗りました。ほくほく線で十日町駅まで行きそこからシュクラに乗車。直江津駅でシュクラを降り 直江津からはまたほくほく線に乗って帰ってくるという、完全乗り鉄、飲み鉄の旅であります。

e0181939_11414023.jpg






e0181939_11414813.jpg
十日町は大地の芸術祭の真っ最中です




e0181939_1142711.jpg





e0181939_11415827.jpg




e0181939_11422033.jpg
力入ってます。主だった駅にはあった気がしますな。六日間町にはなかったケド





e0181939_11423687.jpg






e0181939_11424977.jpg
この列車全席指定の快速列車です。最後尾が展望席でお土産おつまみのつく車両。旅行商品としての発売のみとなってます。(びゅうのパンフレットがあります)で、真ん中がイベント車両、先頭がゆったりめの普通席。


さて、最後尾。この日は途中の越後川口まで貸切でした。なのでせがれもテンション上がりました。結局この車両には我々含め二組しかいないそうでご厚意により自由に使わせてもらいました。ありがとうございました。でも、もったいね(笑)みんなこっちにのればいいのに。先頭の車両は満席でした。






e0181939_1143144.jpg
こちらイベント車両





e0181939_1143228.jpg






e0181939_11433536.jpg







e0181939_11451454.jpg
こちら普通席






e0181939_11452547.jpg
この中におちょこが入っていて飲み比べに使います






e0181939_11453428.jpg







e0181939_11454362.jpg
クーポンが3枚ついてきますので(追加購入可)それを使って2種飲みました(一枚で飲めるもの、3枚必要なもの、それぞれあります)






e0181939_11455517.jpg
途中大地の芸術祭の作品を眺めながら





e0181939_1146978.jpg
ウェルカムドリンクで乾杯






e0181939_11462113.jpg
ジャズを聴きながら





e0181939_1146341.jpg
生ビールで乾杯





e0181939_11464748.jpg








e0181939_1147493.jpg





e0181939_1151738.jpg
このボックスシートが最高です




e0181939_11511717.jpg
信濃川を渡り 越後川口へ




e0181939_1151252.jpg





e0181939_11513563.jpg





e0181939_11514575.jpg





e0181939_11515544.jpg
妙高酒造さんの無料試飲 ここで3杯




e0181939_1152775.jpg





e0181939_11521918.jpg





e0181939_115231100.jpg
子供にはお酒でなくレルヒさんサイダーとお茶がつきます ただおつまみは大人と同じものがでます




e0181939_11524370.jpg




e0181939_1235475.jpg
途中車掌さんがきて記念スタンプを押してくれました 芸が細かいです




e0181939_124312.jpg





e0181939_1241525.jpg
長岡駅着 ここで進行方向が入れ替わります




e0181939_1242482.jpg





e0181939_1243491.jpg




e0181939_1245850.jpg
デザート付




e0181939_1251134.jpg
柏崎駅着




e0181939_1284681.jpg





e0181939_129199.jpg
お誕生日の方がいてバースデーソングで盛り上がっていました




e0181939_1291576.jpg
こちら、おつまみ付きの呑み比べせっと(3種)で呑み鉄を楽しむおつな方


ほどなく青海川駅へ

20分程の停車時間があるのでせがれと波打ち際まで行きました。今夏唯一の海遊び(爆)


e0181939_1252412.jpg





e0181939_12521314.jpg





e0181939_12522484.jpg





e0181939_12523460.jpg





e0181939_12524331.jpg
新潟でトップクラスの人気を誇るゆるキャラ「レルヒさん」です。=日本にスキーを教えてくれたオーストリアの軍人レルヒ少佐




e0181939_12525524.jpg
アイスを食べて・・




e0181939_1253439.jpg
僕らが降りる直江津駅へ到着




e0181939_12531230.jpg






e0181939_12532126.jpg




以上呑んだくれの、とても楽しい旅でした


ボックス席のある車両に人がいなくてもったいない、と思ったのですが、あちこち出歩いて着席時間が思いのほか短いので普通席にすわって楽しむのもいいのかなとおもいました。おつまみはついていないので自分で調達する必要はありますけどね。でも3人以上でボックス席がとれるなら絶対そちらをお勧めします。(3名以上でないとボックス席は取れませんし、一人で二人分の料金を払ったとしても一人では二人掛けの席も取れないようです)


唯一残念だったのは、僕らの乗ったのが午後便(往路便)で売店のおつまみがほとんどなくなってしまっていたことでしょうか。する天(するめのてんぷら)食べたかった・・・


ちなみにこのお酒おつまみ付きの旅の料金は 十日町~直江津間で大人6800円です(子供半額)


さて、この越乃シュクラ。飯山線の、田んぼや民家の横、人の息吹のなかを抜けてゆくのがまた格別で、谷あいをぬけ上越線に入って信濃川とともに進み信越線で日本海を臨みながらの旅でまさに新潟の自然全部を味わっているみたいで最高でした。そういう意味では柳都シュクラや湯沢シュクラよりおすすめかもしれません。まぁ・・・呑んじまえば関係ないか(爆)


では



XQ1

by kurotokin | 2015-08-29 13:29 | | Comments(0)


<< こうもりさんこんにちは      せがれと飲み鉄 越乃シュクラ(... >>